ミニクーラー

冷風機「ここひえ」の半額以下!ミニクーラーを探してみた!

こんにちは。monoです!

暑い日が続く夏。そんな中でエアコンなしで生活するために、まずは定番の扇風機を買ったんです。

せっかくなので風の質にこだわった一風変わったカモメファンを買いました。こちらに開封レビューがありますのでよかったらどうぞ。

でもね。この扇風機。風の質は変えられても、当然ながら温度は下げられない。

そこで扇風機ではなく冷風機の登場です。

冷風機は水で湿らせたフィルターを通すことで気化熱により若干冷たい空気を送り出すことができます。その特徴のため湿度が上がるので基本的にはエアコンのように密室では使えません。また、思ったよりも冷たくないと感じるので評判はそれほど高くありません。

ところが最近、ミニクーラーが登場して結構売れてます。

例えばショップジャパンの「ここひえ」というパーソナルクーラー。まあクーラーとは言ってもしょせんエアコンではなく冷風機。それでもこれまでの大きな冷風機よりもコンパクトなのでそんなに湿度は上がらないし気軽に買えるし簡単に設置できるというメリットがある。

この手のミニクーラーは、手元に置けば涼しいといった高評価もあれば、風が弱いとかさっぱり冷えないとか水が漏れるといった悪い評判も見られ、はっきり評価が二分される製品なんです。

実はどちらもある意味正しい評価ではあるのでそんなに期待はできません。「ここひえ」もこのような評価見られるので、絶賛というわけでもない製品に1万円はちょっと高いですよね。

でも「ここひえ」でなくても、ミニクーラーって2,000円~4,000円ぐらいで買えるんですよ。つまり「ここひえ」の半額以下で買える。そんなお手頃価格のミニクーラーを3つ選んでみました!

格安ミニクーラー

まずは2,000円程度で買える格安ミニクーラー。

冷風扇 冷風機 扇風機 卓上冷風機 USB給電 ミニクーラー   ミニエアコンファン3段階風量調節  防カビフィルター搭載 角度調整可能 夜間ライト付き コンパクト 省エネ 暑さ 熱中症対策  最新バージョン 小型冷風機 加湿機能 空気清浄機能

おそらく多く人がミニクーラーを購入するのは初めてではないでしょうか。このミニクーラーはお試しで気軽に買える価格ということから結構売れているようです。でも紹介ページを見てもフィルターがどんな質でどのように交換できるのか、風量がどの程度なのかスペック的には不明なんですよね。それで性能はさておき、エントリーモデルとして気軽に購入できるミニクーラーと言えるでしょう。

フィルターがしっかりしているミニクーラー

ミニクーラーは先ほどの通り、水に湿らせたフィルターに風を通しますので、フィルターの構造や交換のしやすさも注目のポイント。

そこでこのミニクーラーは別売りでフィルターも新品に交換できます。また、他のミニクーラーはたいていポンプが付いていないのでフィルター自身が自然に水を浸透させるだけですが、このミニクーラーはポンプが内蔵されているために水がフィルターに定期的に自動注入され十分水が行き渡るようになっています。それで構造的にはまともなミニクーラーと言えるでしょう。

冷風扇 冷風機 扇風機 USB給電式 卓上 ミニエアコン 風量3段階 小型 転倒自動OFF 氷いれ可能 冷却機能 空気清浄 熱中対策 角度調整 省エネ ポータブルエアコン 小型クーラー オフィス 寝室 ピクニック 日本語取扱説明書 (最新版)

水は350ミリリットルしか入りませんのでこまめに水を補充する必要があり欠点と言えますが、その分コンパクトになっています。

私は3,400円程度で購入しましたが気温上昇と共に価格も値上がり5,000円程度になることもあるようです。価格が下がったら購入しておくのも良いかもしれません。

ラベル違いでいくつかの業者からも販売されているので安いものを選ぶのがコツ。

このミニクーラーはこちらの記事にレビューしていますのでご覧ください。

風量の強いミニクーラー

ミニクーラーの風量についてのスペックが明記されていることは少ないのですが、こちらは冷却パワーが6~15Wと明記されていることや、吹き出し口のスリットが大きく開いているので風量が大きいことがわかります。加湿機能も付いていますが、単独でON/OFFできるので必要なければOFFにできるのもいいですね。

【2019年最新バージョン】扇風機 冷風扇 冷風機 卓上冷風機 ミニクーラー ポータブル ミニエアコンファン 空気浄化 加湿 冷却機能 USB充電 3段階風量調節 防カビフィルター搭載 省エネ オフィス 寝室 車中 自宅 小型冷風扇 ホワイト角度調節 ポータブル コンパクト軽量 静音 人気 ミニファン 熱中症と暑さ対策 日本語取扱説明書 (ホワイト2)

交換用フィルターは販売されていないのが少し残念ですが、フィルターは上から取り出しやすい構造なのでメンテナンスも楽。水は600ミリリットル入りますので頻繁に水を入れる必要もなさそうです。

こちらもいろんな業者から販売されていますので、安いところから賢く買いましょう。私は2,800円ぐらいで買いました。

このミニクーラーはこちらにレビューしていますのでご覧ください。

最後に

実際には使ってみなければわかりませんので、ひとまず次の二つを購入してみました!

フィルター交換ができるミニクーラー。

レビューはこちら。

風量が比較的大きそうなミニクーラー。

レビューはこちら。

 

それでは暑い夏をコーヒーとともに乗り越えましょう!